卓越した混合・混練技術

往復動するスクリュー軸/最適な混合/短い加工プロセス長/優れた温度コントロール

ブッス・ニーダーは、混合と混練を行うスクリュー軸が回転と往復動を同時に行うという非常にユニークな動作原理により、非常に優れた混合効果を示します。往復動するスクリュー軸は、製品材料を回転ごとに複数回分割、再合、反転を与えることにより、軸方向に向かって材料を確実に混練していきます。

これにより、最適な分配と優れた混合効果をもたらします。ブッス・ニーダー技術は液体成分を注入しなければならない場合や、大量の充填物を加える場合いおいて、特に効果を発揮します。

またスクリュー軸上にある特徴的な羽根とバレル側に固定された混練ピンの間での相互作用により、効果的な混合を行うことができます。スクリュー軸が往復動を行うため、極めて短い加工プロセスで十分となります。

For privacy reasons YouTube needs your permission to be loaded.
I Accept

ブッス・ニーダー技術の特徴と優位点

  • 非常に短い加工プロセス長
  • 急激な温度上昇の無い均一なせん断効果
  • 非常に低い製品温度
  • 緻密な温度コントロール
  • 狭い滞留時間帯分布

加工プロセスのノウハウ

ブッス・アカデミーでは、ブッス独自の混練プロセス技術のさらなる改良改善が行われています。ブッスが長年培ってきた加工プロセスに関する知識と経験により、スマートで最適なソリューションを顧客に提供いたします。

知識の拡大

ブッス・アカデミーでは、研究開発各分野のエンジニアの相互協力により、過去の成功例を学びながら加工プロセスの改善、製品開発を行っています。テストセンターには、実際のテスト及び実証のために最新のシミュレーション器具を装備しています。

ここでは、プラスチックス、食品、アルミニウムや他の産業分野の最新トレンドの評価と加工プロセス技術の新規開発が行われ、市場の成長に寄与しています。

ノウハウの顧客への移転

ブッス・アカデミーでは、包括的な研修と具体的なトレーニングにより、顧客へのKnow-Howの移転を支援しています。セミナーや研修は、スイス本社で定期的に行われていますが、ご要望があれば顧客の元でも行うことが可能です。

最新の技術トレンド把握と研究開発により、ブッスの顧客は製造効率の最適化という恩恵を得ることができるのです。

加工プロセスの改善

ブッス・アカデミーの技術センターは、加工プロセスの開発にフォーカスしているだけでなく、製造ラインの最適化の研究も行っています。吐出量の最適化から製品品質の保証まで、徹底的な分析が行われ最終的な回答も短期間でなされるようになっています。

顧客への支援

ブッス・アカデミーは、日々の生産における課題解決や、急な変更要求や特別な状況への対応など、顧客へのサポートを行うことができます。このサポートは、顧客が製品製造を続ける限り継続してまいります。