塩化ビニル・ペレット2018-11-02T16:44:00+00:00

塩化ビニル・ペレットのための混練技術

塩化ビニル樹脂(PVC)は、PEやPPと共に最も使われている三大汎用プラスチックの一つです。さまざまなプロセス加工や混練により、非常に幅広いアプリケーションに使われています。

材料を溶融混練してペレットする方法は、ドライブレンドの直接押出が最終工程として使えない又は経済的でないような時に使われています。その理由としては、材料の頻繁な入替えがある、バッチ生産量が少ない、難しいプロセス条件がある、材料の貯蔵又は品質保持やその他運搬の問題などにあります。ブッスの混練技術は、特にCOMPEOにおいてより広い製造方法の選択肢を与えることができます。

ブッスの塩化ビニル・ペレット混練技術は、特に以下のアプリケーションにおいて最適なソリューションとなります。

Light beige granules for rigid pvc pelletizing with PVC pelletizing compounding technology by BUSS.

硬質塩化ビニル (PVC-U)

  • 内外装で使われる押出品
  • 高充填押出成形用
  • パイプや建材のための射出成型用
  • ボトルや容器のためのブロー成型用
  • 木材·プラスチック複合材(WPC)
  • 塩素化塩化ビニル(C-PVC)
  • ポリマーアロイやポリマーブレンド
ブッスの塩ビ・ペレット混練技術による軟質PVCペレットの青色顆粒

軟質塩化ビニル(PVC-P)

  • ケーブル用(絶縁、被膜、基材)
  • 外装やホース用の押出品
  • 医療向け樹脂
  • 射出成型用
  • 靴底のソール材(発泡剤と共に)