機能性材料コンパウンド2019-01-03T14:15:45+00:00

機能性材料コンパウンド

先進の材料生産プロセスが開発されたことにより、プラスチック製造において新たな可能性が切り開かれました。ポリオレフィン標準プラスチックと呼ばれる特別な特性を持つメタロセン触媒重合や、うまく相互作用を起こさせるような充填剤や強化材の組合せなども、この先進の開発に含まれます。このことは、これまでエンジニアリングプラスチックに限られていたアプリケーションにも適用でき、それによって必要要件を満たしながらもコストを重視したソリューションが 開発されました。 これらポリマーのベース材のプロセス温度は一般的に低いため、投入エネルギーと生産量のバランス、リサイクルのし易さや排出炭素量を最適化することも可能となります。この混練技術をうまく使うことによって、新しい材料配合や製品の開発の自由度を高めています。

ブッスの機能性材料コンパウンド混練技術は、以下のような
ケーブル被膜のアプリケーションに特に最適です。

ブッスの混練技術によって混練された天然繊維複合材の褐色材料顆粒

天然繊維複合材

数千年に亘って、天然繊維は人間が使う第一の素材でした。船は木材で作られますし、船の帆やトウモロコシ袋のような便利な生地 やロープには、亜麻や麻が使われてきました。そして産業革命から現代を通して、さまざまな産業で使われるような強い材料にできるよう、天然繊維を混ぜて固着される化学物質が開発されてきました。

ブッスの混練システムで混練させた熱可塑性充填強化プラスチックの濃紫色材料顆粒

繊維強化熱可塑性プラスチック(FRTP)

樹脂のマトリックスに充填材を入れるのには基本的に2つの理由があります。通気性フィルムや吸音パイプのようなコンパウンド材料の機能を最適化すること、そしてコスト削減です。