エンジニアリングプラスチック2019-01-03T14:36:50+01:00

エンジニアリングプラスチックのための混練システム

エンジニアリングプレスチックは、機械的強度、耐熱性、耐薬品性の点から、非常に厳しい条件のアプリケーションにおいて使われています。いわゆるプラスチック材料のピラミッドにおいては、PEやPVCのような標準的なプラスチックよりも高い位置づけながら、高機能プラスチックよりは幾分下になっていますが、多くの場合エンジニアリングプラスチックは、金属やガラス、セラミクスの非常に優れた代替品となっています。またエンジニアリングプラスチックのコンパウンドは、洗練された製造や機能重視のデザインの為に高品質でコストパフォーマンスの良い部品として使われますが、自動車や工業製品、再生エネルギー、医療技術、輸送など幅広くバラエティに富んだアプリケーションにおいては、イノベーションを起こさせる可能性があると考えられます。エンジニアリングプラスチックのさまざまな可能性を以て混合・混練することは、材料に要求されている高い特性を満たす鍵となります。ブッスのエンジニアリングプラスチック混練システムは、そのような特殊な材料の製造に重要な役割を果たします。

ブッスのエンジニアリングプラスチック混練技術は、以下のようなアプリケーションに特に適しています。

エンジニアリングプラスチック混練システムで製造されたポリアミド原料塊

ポリアミド・コンパウンド

ポリアミド(PA)またはナイロンは、工業用プラスチックの範疇に含まれますが、その強みやアプリケーションから、エンジニアリングプラスチックの一つとして知られています。非常に強い化学物質や厳しい環境において高い耐性を持つので、例えば機械的及び熱的要件の厳しい工業用部品などがアプリケーションとなっています。

エンジニアリングプラスシック混練機によるポリカーボネート・コンパウンド顆粒

ポリカーボネート・コンパウンド

ポリカーボネート(PC)ベースのコンパウンドは、工業用プラスチックの範疇に含まれますが、その強みやアプリケーションから、エンジニアリングプラスチックの一つとして知られています。幅広い温度範囲において非常に高い耐衝撃性を持つ工業用部品として、またその優れた透明性から様々な光学部品や記録媒体としても使われています。さらに難燃性が優れていることから、建築用の材料としても使われます。

Granules of PBT/PET compounds from engineering plastics compounding systems

PBT/PETコンパウンド

PBT(ポリブチレンテレフタレート)やPET(ポリエチレンテレフタレート)もポリエステルの一種です。PETはアモルファスの状態(PET-A)、または半結晶(PET-C)の状態となっており、PBTは部分的に結晶となっていると考えられています。そしてPETもPBTも熱可塑性プラスチックとして、重縮合により製造されます。共に工業用合成樹脂の一つですが、エンジニアリングプラスチックとも呼ばれます。