帯電防止コンパウンド用コンパウンディングシステム

ポリスチレン、ポリカーボネート、ポリオレフィンなどのポリマーは体積抵抗や表面抵抗が非常に大きいため、帯電した静電気は非常にゆっくりとしか放散しません。一度の接触で表面に静電気が発生する「摩擦帯電」と呼ばれる効果により、部品は成形機から出た時点で既に帯電している場合が多くあります。

このような帯電はユーザーや加工者にとって不快であるのみならず、危険な結果をもたらすこともあります。帯電したプラスチックは埃を引き寄せ、互いに付着し、印刷を困難にします。さらに高い電界強度で放電して火花を発生させ、生理学的には無害であっても、爆発性媒体を発火させるのに十分なエネルギーを持つことがあります。

典型的な用途

帯電防止添加剤の使用により、静電気が十分な速さで放散する程度に表面または体積抵抗を減らすことができます。このために様々なタイプの永続的に効果がある、または移行性の帯電防止マスターバッチが使用されます。移行性の物質は必要な効果を発揮するために一定の周囲湿度を必要とします。カーボンブラックやグラファイトなどの導電性炭素系材料に加えて、ポリエーテルポリマーやポリアニリンなどの導電性ポリマーは固有の着色性が低いため、永続的効果を持つ物質の中でますます重要な役割を果たしています。これらの材料は任意の着色が可能で、ベースマトリックス内にイオン導電性ネットワークを形成することができます。

コンパウンディング要件

これらの帯電防止濃縮物の調合は、使用する添加剤やその作用機構と同様に多岐に渡ります。最終製品の目標は導電性にありますが、着色など他の特性もしばしば同時に求められます。高容量、様々な骨材の状態、せん断や温度に敏感な原材料や最終製品など、非常に多様な要件に対応するには、普遍的に応用できるシステムが必要です。ブッス・ニーダーのシステムは最高のオールラウンダーとして評価されており、自由度が高いシステム設計によって目的に合わせた構成でプロセスゾーンごとに異なる要求にも個別に対応することができます。

このように品質と処理能力の面で最適な結果を得られるだけでなく、ヒンジ式または格納式のハウジングによりアクセスが容易なため、高い稼働性を保ちつつ極端な製品変更が可能になります。ブッスの優れたプロセス技術により、ブッス・ニーダーは安全かつ将来性の高い帯電防止コンパウンド生産を実現します。

Elektrostatic sensitive electronics can be protected with antistatic compounds.

帯電防止コンパウンド用の典型的な工場設計

ブッスの帯電防止コンパウンド用コンパウンディングシステムは以下の具体的なメリットをもたらします

  • プロセス内部のコンポーネントへの簡単なアクセス
    ブッスの混練技術では、スクリューエレメントやライナー、ピンは、ブッス・ニーダーのバレル部分を開けることで容易にアクセスでき、混練機や設備の製作だけでなく

  • プロセス内部のコンポーネントへの簡単なアクセス
    ブッス混練テクノロジーのスクリューエレメントやライナー、ピンは、ブッスニーダーのバレル部分を開けることで容易にアクセスできるため、バレルやスクリューシャフトを取り外すことなく混練エレメントの交換が可能です。

  • より多量のフィラー投入
    ブッスの混練技術では、2または3か所に供給口を分けたり、サイドフィードスクリューなどの供給方法の採用、フィラーの重量による独立供給、バックベントによる混入した空気の除去、優れた搬送効率などにより、最大90%のフィラー投入が可能です。適度なせん断速度により、このような高投入量でも極めて高い粘性の材料を扱うことができます

  • 強力な分配混練
    ブッス・ニーダーは、スクリューの回転と軸方向の往復動により、伸長流や多数のせん断界面、クロスチャネルミキシングを生成して、強力な分配混練を実現しています。

  • 低比エネルギー入力での強力混練
    種々のスクリュー羽根の選択が可能な新型混練機COMPEOでは、必要に応じて各プロセスセクションでの混練サイクル数を増やすことで、従来より15~40%低いエネルギー投入での混練プロセスに改善しました。溶融や混練のエネルギーは、ほぼ全てが機械的に供給されており、せん断速度により供給速度を最適にコントロールしています。

さらに

ダウンロード

  • COMPEO

リンク